【焼酎紹介】「薩摩郷中」のご紹介

2019年03月04日

今回は、焼酎「薩摩郷中」(さつまごうじゅう)をご紹介します。

薩摩郷中1800ml

 

鹿児島限定販売のこちらの銘柄は、鹿児島県薩摩川内市のオガタマ酒造さんの焼酎です。

 

黒麹仕込み、木桶蒸留、甕仕込みの本格焼酎です。

蒸留後、軽い布濾し濾過の処理をし、力強い芋の甘みを引き出した焼酎です。

 

 

黒いボトルに見えますが、実は深緑色をしています。
satsumagochu1800green

 

とは言っても光りに当ててみないと、黒いボトルに見えます。
satsumagochu1800black

 

艶消しのフロスト瓶ですので、文字を彫った後に金色や白色に着色すると、とても目立って高級感があります。

 

 

「薩摩郷中」という銘柄の元になったのは、
薩摩藩の島津義弘公のころ確立された400年の歴史を持つ、薩摩藩独自の『郷中教育』から来ています。

 

『郷中教育』とは、同じ地域「方限(ほうぎり)」における武家の青少年教育の事で、
学問が心身の鍛錬を目的とした学びの場で、年長者が年少者を育成する仕組みになっていました。
学問だけでなく実践を重んじ、武士としての生き方をも追及していました。

 

焼酎のみの金額は、
・4合瓶(720ml) 1,524円
・1升瓶(1800ml)3,048円
となっております(税別)。

~このページのデザインに関して問合せ頂く際は、下記のリンクでお知らせください~

→ http://message-present.com/diary-information/6616

«  |  »

Index